雑草のはなし
雑草に関わる数字

最近、何をしているかと言えば、数字探しをしていました。誰でも知っている雑草を数値の面から見ようという試みで、ネットで探せる国や民間の資料を探っていました。 面白いけど疲れる、疲れるけど期待していた資料が見つかると嬉しいと […]

続きを読む
モノの見方、考え方について
ひとと出会う週間

  最近は記事の投稿がおろそかになっていましたが、雑草に関わる相談を受けたり、地域づくりの企画や冊子の校正など色々なことをやっていました。 近況 数日前は雪に囲まれた事務所でレトルトカレーを食べ、日がな一日読書 […]

続きを読む
モノの見方、考え方について
デザインの力

最近、勝手に博物館事業を開始したのですが、デザインというのはともて広い範囲の言葉だなーと感じています。 デザインの範囲 狭い範囲では文字や写真の選択とか、かたちや色を決めていく作業なのですが、範囲を拡大すれば地域づくりと […]

続きを読む
雑草のはなし
近所の空き地と植物図鑑

最近、区画整理事業のせいか、近所の家がちょこちょこ解体されて更地が増えています。 足元の雑草 最初、黒々としていた地面も時間とともに緑色に変化する光景を見ていると、日本はとても豊かな環境だということに気づきます。何度か雨 […]

続きを読む
雑草のはなし
ドクダミ

ドクダミと発音すると、名前だけでも重い感じのする雑草ですが、漢方に使用されるくらい役立つ植物です。 雑草の定義 雑草とは何かとよく聞かれることがあり、その都度、自分でも考えるのですが、『雑草とは何か、その美点がまだ発見さ […]

続きを読む
モノの見方、考え方について
ゆったりした日々

気が付けば、久しぶりの投稿となりましたが、淡々と毎日を過ごしていました。 日常 ちょうど報告書関係の提出・確認が終わり、一番のんびりできる時期になっています。 ずっとのんびりという訳でもないのですが、これまでと比べれば何 […]

続きを読む
モノの見方、考え方について
美意識を考える

この前、事業のパンフレットのイラストでお世話になったuwabami(ウワバミ)のムトウさんに勧めて頂いた本を読みました。 本と余談 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?という題で、光文社新書から出ています。ちょっ […]

続きを読む
業務内容
ひとりに届く企画

昨日(1月25日)は、宮城県の移住・定住関係者が集まる会議に参加してきました。 事業の報告 山元町を取材して発信する事業‥書類上は平成29年度みやぎ移住・定住推進連携事業の一環で、「地域を学び、発信しながら人と人とのつな […]

続きを読む
雑草のはなし
雑草ナイト終了

雑草をテーマにイベントを開催して、ちゃんと人が来るのか‥という実験的なイベントでしたが、結果を先に書くとちゃんと成立しました! イベント しかも、30人を超す方に来て頂きました(余るだろうと持参した名刺がギリギリでした) […]

続きを読む
雑草のはなし
雑草ナイトを開催します

このようなイベントをやらせてもらえることになりました。「雑草」から何も足さず、何も引かない‥そのまんまのタイトルです。 雑草の存在 雑草は、よく考えてみれば米と同じくらい身近な植物であり、都会育ちでも、田舎暮らしでも誰も […]

続きを読む
業務内容
久しぶりの投稿

継続の重要性を認識しつつも、つい自分ごとだと先延ばしになることもあり‥。近況などをしっかりと更新していこうと、今更ですが感じています。当面は個人のフェイスブックページと同じ内容になるかもしれません。 さつまいもの販売開始 […]

続きを読む
出身地・宮城県山元町のこと
日々のこと

今は、出身地・宮城県山元町に関わりながら、宇都宮、東京の2.5拠点生活をしています。最近、記事の更新を怠っていたので、久しぶりに更新しました。 ある日の生活 今日は雨が強くなる前に、畑を見ようと散歩してきました。最近の東 […]

続きを読む
宮城県山元町でのさつまいも栽培
2017年のさつまいも栽培

出身地・宮城県山元町でのさつまいも栽培も4年目、4回目の栽培となりました。 今年の畑 今年は、これまでと異なる畑での栽培となりました。と、言うのも1年目に500本の栽培で始まったさつまいも栽培も今年は3500本となったた […]

続きを読む
論文、申請書の書きかた
書類の作り方

3月の後半から4月前半まで出身地・宮城県山元町に滞在していました。 年度末 この時期はどうしても書類、書類、書類の毎日となります。現在、関わっている山元町のまちづくり団体「山元の未来への種まき会議」は宮城県と宮城県共同募 […]

続きを読む
農業のはなし
鹿児島に行ってきました

久しぶりの更新となります。本当は週に1度程度、記事を書くつもりで進めていたのですが‥つい日々の仕事に追われて先伸ばしとなっていました。 鹿児島との縁 現在、出身地である宮城県山元町の農家さんと東日本大震災による津波が浸水 […]

続きを読む