月別アーカイブ: 2015年7月

美味しい!は強い

現在、出身地である宮城県山元町の農家さんと沿岸部でさつまいもの栽培をしています。その畑は、2011年の震災で津波が浸水した土地でした。元々、農学部に在学していたということもあり、自分にできることは農業だと考えての行動です。

諸々のことはカテゴリー「宮城県山元町のこと」に書いてきましたが、地方では土地が余っているのが現状です。ある親戚からはタダで良いから畑とか田んぼを使わないかと言われたこともありました。300坪程度の土地でした。田舎の場合、300坪(約10アール、1反部)を1年間借りる場合、せいぜい土地代は1万円です。実際には5千円程度でしょうか。

タダでも農地を貸したいという意味は、

農地を農地としてちゃんと維持して欲しい

ということです。雑草の発生を抑えるということが大前提で、仮に作物が作れないまでも、雑草を生やしてしまうと農地として使い物にならなくなってしまうということが背景にあります。一方で、農地を借りたくても借りられないという話もよく聞きます。この辺については、また詳しく書きたいと思います。

さて、被災地での農業を選択した理由に、

美味しいものは強い

ということもありました。元々、田舎の生まれであったため新鮮な野菜は当り前でした。特に夏はナス、キュウリ、トウモロコシはいくらでも採りたてをもらえるという環境でした。田舎を離れてからはスーパーの野菜を食べているのですが、正直、野菜を美味しいと思う機会が格段に減りました。

現在、さつまいもの栽培をお願いしている宮城県山元町の菅野さんの畑に宇都宮から月一程度で通っているのですが、そこで食べる野菜はとにかく美味しいということに尽きます。

大根の葉  いんげん煮びたし

(左・大根葉の炒めもの,右・ジャンボインゲンの煮浸し生にんにく入り)

玉ねぎ丸焼き  かぶ漬け

(左・玉ねぎを焼いて塩をふったもの,右・カブとキュウリの浅漬け)

本当に美味しいものには、余計な調味料はいらないと聞いていたものの、まさにその通りでした。肉や魚が無くても野菜がちゃんとメインの料理になるということを知りました。そして、美味しいものを食べると幸せな気分になれます。

もちろん、生産者のこだわりや土地の情報も伝えていくことは大事なのですが、それ以上に

美味しければ言葉は後で良い

ということで、誰に対しても自信をもって勧めることができます。特産品というと、つい物珍しさを追い求めてしまうのですが、美味しい野菜は立派な特産品になることに気が付きました。土地の余っている地方にぴったりだと思います。

ただ、採りたての野菜が美味しいのは当たり前の部分もあります。そこで、

流通段階で味を損ねないこと

販売の際の管理に気を付けること

調理法に気を付けること

ここまで徹底することが大切だと考えています。そのためにも、流通や小売、料理人などプロの力を繋いでいきたいと思っています。そして、消費者の口に入るまで徹底するということが大切だと考えています。


人気ブログランキングへ

即断する練習

大きなプロジェクトを達成しようと思うと、多くの人の力が必要になります。そのような時、スピードを常に意識しておかないと計画倒れになります。

特に、全体の構想を取りまとめる人はどんどん決断をしていかないと物事が前に進みません。上流で問題が止まってしまうと、下流もどう動いて良いか分からなくなります。そして、ようやく下流に動いたとしても案件を磨いたり練り直す時間が無くなってしまいます。

8cb3b5f98951ea07f30902679eabccb9_s

これは、大きなプロジェクトに限らず数人が関わる案件でも同様のことが言えます。少なくとも、責任者は即断できるように日頃から訓練をしておく必要があります。では、どうすれば良いのかということですが、

1.自分の役割を認識する

2.作業の全体を見る

3.複数の案件を同時に進める

という3つを意識すると変わってきます。まず、自分の役割を認識するとは、自分に求められていることを理解することです。あれもこれもと中途半端に進めるのではなくて、自分には何が出来て、何が出来ないのか。何が得意で、不得意なことは何か。まずは、その線引きを明確にしておくことです。そして、悩む前に

不得意な分野は得意な人に任せる

という言葉にすれば当たり前のことを、実行します。時間をかけて成し遂げるということも大切ですが、複数の人が関わる場合は多くの人に迷惑をかけることになります。どうしても任せる相手が居ない時は、外部の組織に任せるという手段でも良いと思います。

時間をお金で買う

という意識も大切です。よく、節約のために全部自分でやろうとする人もいるのですが、結果的に出来が悪い内容を修正するのに多くの時間を費やすし、ムダが増えてしまいます。そのためにも、お金を支払って外部に任せてしまうのも決断の一つです。

それから、作業の全体を見るということで、先伸ばしに出来ないことを意識付ける必要があります。決断できない人は案外、締め切りの意識が弱い傾向にあります。その時になればどうにかなるという考えを捨てる必要があります。特に責任者の場合は、自分の決断の遅れが他の部署に及ぼす影響を意識しておかなければなりません。

カレンダー

ただ、そういう習慣はなかなか直らないというのが現実です。そのためには、その日食べるものを即決する、買い物の時間をいつもの半分にするなど非常に小さい所から改善していくと良いと思います。とにかく、

期限を守る

ということを常に意識することです。この件に限らず意識するだけでも変わることがあります。まずは、カレンダーを見るということから始めると良いと思います。そして、複数の案件を同時に進めるということは、

1つの案件に縛られない

ということです。期限を頭に入れた上で、決めやすい問題から決めていくということになります。1つの問題に固執してしまうことで、全体の流れを止めないようにします。そのためには、優先順位をしっかりと付ける必要があります。


人気ブログランキングへ

今風の講演会

講演会というと、何か勉強のために行くというイメージがあるのですが、それ程、硬い内容では無いものも多いようです。最近では芸能人、作家や評論家など色々な講演会が開催されています。

元々、あまり講演会の類に参加する機会は少なかったのですが、先日ある講演会に行ってきました。参加費は無料でした。無料だから、仕方無いと言えば仕方無いのですが‥講演の内容は以下のような感じでした。

Wikipediaを中心としたネット情報‥70%

実体験‥20%

話しを聞いての演習‥10%

講演のスライドの一部に小さく「wikipediaより引用」と書いてあり、気にはなっていたのですが、帰宅後に関連する言葉をインターネットで調べたら大半がwikipediaの情報そのままでした

ステージ

よくまとまった内容だと思って聞いていたのですが、既にある程度まとまっているwikipediaを活用していることを考えれば、当然のことでした。おかげで、wikipediaを読み返すだけで講演のほとんどを思い出すことが出来ました。復習しやすいという意味では実に良く出来た講演内容でした。

ただ、ある分野を専門とする人、その分野で商売をしている人がこの程度で良いのだろうかという思いを抱きました。もちろん、大半がその分野の素人だったので噛み砕いて説明することは非常に大切なのですが、もう少し実体験を増やすとか、より具体的な事例を割いた方が良かったのではないかと思います。

ちなみに、この手法で講演用の資料を作成すると非常に簡単に作れます。

1.インターネットで講演に必要な言葉を検索

2.詳しく説明しているサイトを要約する

3.写真やイラストも拾ってコピーする

4.イメージしやすい実体験を少し足す

これで終わりです。これならば、移動中の飛行機や電車でも十分作ることが可能です。初心者向けの講演会では良いかもしれませんが、ある程度知識のある人が聞いたらすぐにバレてしまいます。特に、有料の講演会の場合は参加者が満足する基準が厳しくなるので、このような安易な手段は取らない方が賢明です。

キーボード

それと、研究を志すような学生の方にもこういう手段は取らないで欲しいと思います。こういうやり方に慣れてしまうと、自分の頭を使う機会を失ってしまいます。

いくら色や動画を駆使して見やすいスライドを作成しても、肝心の中身が充実していなければどうにもなりません。参加者が100人もいれば、数人には見破られると思っておいた方が良いと思います。1度、こういう安易なことをやってしまうと、信頼を失ってしまいます。

‥と、講演の中身とは違う勉強をする機会になりました。参考となる点もありました。

地元の人なら誰でも知っている場所や事柄を例に出す

写真を多く載せる

この2点は、講演内容を身近に感じてもらうためには良い方法だと感じました。講演会は演者の話をそのまま受け取るのではなくて、自分だったらどうするかという観点で聞くことが大事だと思います。そうすることによって、演者がこれからも学びを提供してくれる人なのか、あまり中身の無い人なのかが分かってきます。


人気ブログランキングへ

雑草の話6(お金と雑草の関係)

農業や普段の生活において、雑草はただ抜けばいい、刈ればいい‥そのような存在であるように思えます。確かに、小さい規模ではそれでも構わないのですが、日本全体で考えると、とてもそのような意識では対処しれきないことに気が付きます。
例えば、

道路での除草作業を見たことがありますか?

河川の管理に除草が含まれているという意識はありますか?

鉄道の運行にも雑草が関わってくるのをご存じですか?

雑草は人間の生活と非常に密接に関わる存在です。しかも、毎年、毎年、生えてきます。日本は、それだけ豊かな環境にあるとも言えるし、過酷な環境であるとも言えます。

除草風景  除草機械

雑草害の一例ですが、農作物への影響の他にも‥

道路に侵入してスリップの原因となる

雑草の根の侵入で土手が破壊される

鉄道の運行に関わる信号の視界を悪化させる、電線に絡まる

などがあります。このためにも、除草作業が必要となります。作業が必要ということは、お金がかかるということです。以前、ある鉄道会社の雑草防除の費用を聞いてびっくりしたことがあります。年間で‥

50億円を雑草対策に使用している

そうです。もちろん、国道や高速道路の維持管理にも多額の雑草管理費用がかかっています。この他にも、農耕地、ゴルフ場、公園などの緑地も雑草の管理をしています。

雑草の管理をしないとどうなるかと言うと、下の写真のように雑草だらけになってしまいます。共に、東日本大震災後の宮城県山元町で撮影した写真です。

ダイズの雑草   イヌビエ

震災の後、農地の除塩作業が行われましたが雑草の管理が不十分だったために、大量の雑草が発生しました。これらの雑草の種子が農地に入り込んでしまったため、元の農地に戻すためには、土木工事だけでなく雑草の防除を徹底的に行う必要が生じました。

この問題については、福島の方がより深刻かもしれません。人間が管理できなくなった農地には雑草が生え、やがて木や竹が生えて林のようになります。すると、そこにイノシシなどの小動物が住み始めます。そうなってしまうと、農地として戻すのは非常に困難なことで、更に獣害も増加します。

このように、雑草は人間生活、経済活動に大きく関わっています。雑草の防除手段として除草剤がありますが、除草剤メーカーの担当者の方に、除草剤には不景気も好景気も無いという話を聞いたことがあります。それは、毎年のように雑草が生えてくるためで、必ず一定量の除草剤が必要とされているということを示しています。

とにかく、雑草対策だけで1年間に数千億円以上のお金が動いています。一見、小さな雑草ですが、身近なところを突き詰めて行くと、様々な事柄が含まれていることが分かってきます。

その割に、雑草を研究している大学は非常に少ないのが日本の不思議なところだと思います。医学やロボットなども大切な分野ですが、雑草についても同様にしっかりとした研究をしていかないと、いつか困る日が来るかもしれません。


人気ブログランキングへ

クラウドファンディングとは?

先日、クラウドファンディングの講演会に参加してきました。「FAVVO」という会社の齋藤隆太さんのお話でした。まず、クラウドファンディング(以下、クラウドと省略します)ですが、

クラウド(crowd):群衆

ファンディング(funding):資金調達

=群衆からの資金調達

と、日本語にした方が分かりやすいように思えるのですが、横文字で語られることが多いようです。大半の制度と同様にアメリカで活発になったアイデアが日本に来たようです。考え方自体は昔からあるようですが、インターネットを活用した仕組みは割合新しく、まだ10年は経過していないようです。

日本では、東日本大震災を契機にこのクラウドの考え方が普及したようです。実際に、東北の被災地向けの支援事業が多く掲載されたのを目にしたことがあります。

札束

さて、このクラウドですが、運営会社があり、その会社のホームページに次のようなことを掲載することになります。運営会社によって多少の違いはあるかもしれませんが、複数のホームページを見た限り、だいたい同じでした。

1.事業名

2.事業の概要

3.募集金額

4.金額に応じたお礼の内容

5.募集期間

これで1セットです。事業名は多くの人が気になるようなタイトルを付けるのが良いそうです。この辺は、ホームページで、記事のアクセス数を増やす手法と似ています。事業の概要は何をやりたいかが明確に伝わるよう書き、写真やイラストを添えます。いくら面白いタイトルを付けても事業の中身がしっかりしていないと、支援は得られないので、1番大切な部分になります。

それから、募集金額ですが、募集した金額の全てが手元に残る訳では無いので注意が必要です。まず、クラウドの運営会社から手数料が引かれます。さらに、お礼にも輸送費などの費用が生じるので、

募集額=手数料+お礼代+事業に必要な金額

をしっかりと考慮しておく必要があります。案外、見落としやすい部分かもしれません。それから、募集期間は最大でも100日前後のようですが。募集の総額にもよるようですが、募集開始と〆切り直前に支援額が増えるようなので、いくつかのサイトを調べたりクラウド運営会社の担当者とよく相談した方が良いと思います。

募集期間は長過ぎても短すぎてもいけない

この辺は、心理学の要素が入っているかもしれません。〆切り直前に支援額が増えるのは何となく分かるような気がします。あと、クラウドを成功させるコツとして、講演会で3つの項目が示されていました。それは、

1.3~5人のチームを作って臨む

2.募集資金の30%は身内から集める気持ちで

3.諦めないこと

だそうです。いくらインターネットで不特定多数から資金を集めるといっても、関わっているのは生身の人間なので、1人では出来ることが限られるということのようです。それから、身内(家族、親類、友人など)との関わりや、諦めないという辺りも非常に人間くさい要素に思えます。

インターネットは顔が見えにくい分野と言うイメージがありますが、クラウドに関してはむしろ人間らしさを強調する方が多くの支援を受けられるのかもしれません。

さつまいも株券(3株券)

今、このサイトで募集している「山元町のさつまいも株券」もクラウドに似た要素がありますが、資金以上に宮城県山元町のこと、農業のことを知って欲しいという想いから創りました。いつか、株主総会(という名の懇親会)を開催したいと思っています。


人気ブログランキングへ

自分らしい仕事とは?

この前、ハンドメイド品について考えたのには理由がありました。それは、自分でもハンドメイド品を販売したいと考えていたからです。また、行動をすることによって仕事を作ることができるのではないかと考えました。

そもそも、このサイトを立ち上げたのも仕事を創るという目的があります。そういう意味ではハンドメイド品の販売は副業とか趣味の領域かもしれませんが‥モノを売ることを通して勉強してみたいと思っています。

どのようなものを販売しようかと考えていたかというと‥

山元鳥(やまもとちょう)

陶器の鳥人形

なぜか、どちらも鳥になりました。山元鳥については、以前も文章を書いたのですが、出身地でもある宮城県山元町のキャラクターとして勝手に製作したものです。よくある、ご当地キャラクターのようなものです。

山元鳥(写真サイズ)

筆ペンで描き、1番気に入ったものをスキャナで読み込みました。どうせならばと、商標も取得しました。この時、商標権の勉強をすることもできました。

山元鳥の商標

何事も、突き詰めてしまえば新しい展開が待っている‥そんな風に思っています。もう1つの陶器製の鳥人形はこのような感じです。

鳥人形の集まり  鳥人形の集まり2

この世界に存在していなくて、自分が欲しいものを作るという壮大な計画だったのですが、単に作って面白いということを前面に出したらこのような形になりました。他にも‥

陶器の動物

余った粘土をこねて動物を作ってみました。やっぱり、モノ作りは楽しいと改めて思います。それが周囲に認められるかどうかが、食べていけるか趣味で終わるかの境界線かもしれませんが、認められようと思って作るとなるとそれは非常につまらない作業になるので、引き続き好きなものを作っていこうと思っています。

指人形    鳥の拡大図

果たして、この鳥人形が売れるか‥それは一種の社会実験かもしれません。仕事を創る、自分らしい商品と書くと大げさな話のようですが、要は

対価としてお金を受け取れるかどうか

という簡単なことに行き尽きます。仕事はこんなに甘いものではない、世の中は‥、プロとは‥という話も出てくるとは思うのですが、価値観が多様化している現代では、もっと単純に考えた方が良いような気がしています。

需要があって供給があれば商品は成り立つ

こう考えてもよいかもしれません。最初から、こうしなければならないという考え方に縛られる必要は無いと考えています。実際の社会でも、プロ中のプロが経営している会社でも傾くことがあり、ずっと同じ商品が売れ続けるということもありません。結局、

万物は流転する

ということかもしれません。そのような本質を押さえておけば、これからも面白いモノが世の中に出てくると思います。山元鳥と鳥人形を使っての話なので、説得力に欠けるかもしれませんが、これらはあくまでも一例なので、自分らしい商品を考えるヒントになれば幸いです。そして、これからも個性ある商品(農産物や加工品)の出口作りや、その人らしい仕事をしている人達と一緒に何かを創りたいと考えています


人気ブログランキングへ

ハンドメイド品のブームから今を考える

最近は、ハンドメイド品(手作り品)の人気が高いそうです。昨年、東京ビッグサイトで開催されたハンドメイドインジャパンフェス2014というイベントを見てきました。入場料を支払ってアクセサリーや絵、革製品、陶器、ガラスなどたくさんの商品ブースを見て購入できるイベントでした。

今年も7月25日、26日の日程で開催されるようです

20年ほど前であれば、これほど気軽に自作の商品を販売することは難しかっただろうと思います。ところが、今はわざわざ入場料を支払ってまで個人が作った雑貨などを買いに来る人が増えています。

色々な理由があるのかもしれませんが、

モノがありふれている

モノに個性を求める

この2つが大きいような気がしています。今の日本は農産物にしてもそうなのですが、質の高い商品が買いやすい値段で流通しています。テレビにしろパソコンでも、ある程度働けば高校生でも購入することが出来ます。それだけに、

市販品とは異なるモノ

が注目される時代になったのだと思います。自分のことで考えてみると、市販品で満足できる時と、オリジナルの商品が欲しいと思う時があります。

市販品で良い‥歯ブラシ、洗剤などの日用品

オリジナル品が欲しい‥ノート、雑貨、バッグ

もちろん、口の形に合った歯ブラシというのもアリだとは思うのですが、身に付けるものはオリジナルの商品が欲しくなる傾向にあるようです。今は、ハンドメイド品もインターネットで簡単に買えるのですが、調べてみたらいくつか出てきました。

iichi(いいち)‥商品が30万点以上

Creema‥商品が120万点以上

アートメーター‥絵の測り売り

ユザワヤMarket‥販売手数料が無料

それぞれの会社を調べてみるとiichは2012年創業で、広告代理店の博報堂が株主になっているようです。また、Creemaは2009年創業で、個人投資家やKDDIオープンイノベーションファンドなどが株主のようです。アートメーターの運営は東急ハンズ、ユザワヤMarketの運営はユザワヤです。

色えんぴつ

こうしてみると、ハンドメイドのネット市場はまだ10年も経っていないことが分かります。インターネット通販が盛んになって20年程度なので、これからもどんどん変わっていく分野かもしれません。また、自作のための部品や素材を販売している東急ハンズやユザワヤが関わっている点も興味深いところです。

ただ作って終わりではなく、

販売できる場を提供する

ここが大きなポイントで、農業や他の分野にも応用できるのではないかと思います。農業であれば、産直がそれに該当するのかもしれませんが、ネットでも同様の仕組みが作れるのではないかと考えています。自社の商品を売るために商品の質を高めたり宣伝をすることも大切ですが、これからはハンドメイド品の展開のように、視野を広く持ち市場を創るという意識が更に重要になっていくと思います。


人気ブログランキングへ

卒論の書き方(文章について)

卒論の書き方(形式について)の後編になります。前編と重複しますが、卒論の大まかな構成は以下のようになります。

タイトル(表紙)

目次

序文(研究の背景と目的)

材料および方法(どういう手法を使ったか)

結果

考察(結果を整理する)

引用文献(本、論文など)

謝辞(関わった人に対するお礼)

まず、書く順番を考えてみます。前提として、ひと通り写真や図表が用意されているものとすると大体以下の順番が良いと思います。

1.タイトル,序文,材料および方法

2.結果,考察

3.目次,引用文献,謝辞

大きく3段階に分かれます。1番書きやすいのは材料および方法です。既に終わっていることなので、どのような手段を使ったかを正確に書くようにします。他の人がこの項目を読んで、再現できるように書くことを意識する必要があります。

タイトルについては、後でいくらでも変更ができるので、仮のタイトルでも構いません。序文は、何のためにこの研究を行ったかを書きます。世界情勢や社会背景から入っても良いし、いきなり細かい話から書き始める場合もあります。ただ、他の人が読んで分かりやすいのは、

大きな位置付け(社会背景など)

これまでに分かっている研究の具体例をいくつか紹介

自分の研究の意義(なぜ、その研究をしたか)

という3段階の論法にする形です。本や引用文献の情報を加えることで、自分の研究の位置が明確になってきます。自分がこの論文の読者としたら、どんな文章ならば分かるかと考えたり、第三者に読んでもらうことで、より伝わる文章となります。

次に、結果と考察ですが、ここが論文で1番頭を使う項目になります。ここだけはインターネットの情報は役に立たないので、自分自身の頭で考え抜くことになります。例えば‥

アンケート例このような表があった場合、一例として、結果を次のように書くことができます。『質問Aに対しては賛成が50、反対が40と非常に拮抗しており、どちらでもないは10と少ない値であった。また、質問Bも質問Aと同様に賛成と反対が30ずつと拮抗していたが、どちらでもないが40と項目内で最も高い値を示した。一方で、質問Cに対しては賛成が10、反対が80、どちらでもないが10と反対が最も高く、賛成とどちらでもないは10と同数であった。』

‥正直、読み飛ばしたくなってしまいますが、正確に伝えるという意識を持つことがとても大切です。同時に、分かりやすく伝えることも必要です。

図や表を言葉に置き換えるのが結果です

結果を、どう考えるのかが考察になります

例えば、Aは質問内容が誰でも知っていることなので賛成と反対が明確に出たと考えられるとか、Cは今の社会情勢の影響で反対が上回ったなどと考察をすることになります。

その際は、本や文献を引用して論じます。そうすることで、

研究成果の客観性を保つ

ことができます。論文は小説や意見書とは異なるので、色々な資料を基にして考察に至った経緯を捕捉する必要があります。そうすることで、論理的な文章となります。

最後に、目次、引用文献(資料の名称、著者、出版社など)、謝辞(お礼文)を書きます。論文の文章の進み具合は自分が持っている言葉の数に比例するので、普段から本を読むことで言葉を蓄えておく必要があります。読書を習慣づけることが大切です。

『博士ライフ』では論文の代筆は行っていませんが、個別の質問などには対応しています。気軽にお問い合わせ下さい


人気ブログランキングへ

さつまいも株情報(2015年7月22日版)

宮城県山元町で栽培中のさつまいも株の生育状況です。東北地方の梅雨明けはまだですが、連日晴天が続いているので、間もなく梅雨明けになりそうです。

これまでの畑の様子はこのような感じです。

さつまいも畑 さつまいも畑

(2015年6月15日撮影)

さつまいも畑 さつまいも畑

(2015年6月29日撮影)

さつまいも畑 さつまいも畑

(2015年7月22日撮影)

一か月の間にかなり大きくなりました。当初は雨不足で植え付けた苗が枯れるなどのトラブルもありましたが、現在のところ、かなり順調に生育しています。

さつまいも株券(3株券)そのような訳で、販売中の「さつまいも参株券」の配当もしっかりできそうです!


人気ブログランキングへ

卒論の書き方(形式について)

卒論、つまり卒業論文ですが、大体の人は学生になって一番長い文章を書く機会になるのではないでしょうか。ページ数は、決まっていないのが普通だと思いますが表紙や目次を入れると20ページは超します。

文系や理系、指導教員による指導のクセはあるにしても、大体は以下のような構成になります。

タイトル(表紙)

目次

序文(研究の背景と目的)

材料および方法(どういう手法を使ったか)

結果

考察(結果を整理する)

引用文献(本、論文など)

謝辞(関わった人に対するお礼)

各項目をA4用紙1ページに入れたとしても、8枚となります。大体、結果と考察が1枚に収まることは無いので、図表を加えれば簡単に10枚は超します。

今は、大半がパソコンでの作成だと思うので使用するソフトは「Word」が多いと思います。体裁は各自の好みや研究室の仕様に従えば良いのですが、個人的には

フォントサイズ‥11pt

日本語フォント‥MS明朝

英語フォント‥Times New Roman

ページ設定‥行数26,行送り25pt

上記の条件に設定して書いていました。特に深い意味はないのですが、見やすかったので自然にそうなりました。文章を書く上での原則としては、

数字は半角を使用する

フォントを統一する

この点に気を付ければ、後はそれほど体裁を気にする必要はないと思います。また、図や表には通し番号を付けること、原則として用紙1枚につき1つを載せるというところでしょうか。

写真についても同様です。当然のことながら、写真は鮮明なものを使用します。あと、図と表の体裁については注意点があります。

表はタイトルが上にくる

図はタイトルが下にくる

‥これだと分かりにくいと思うので、具体例を掲載しておきます。

表の位置  図の位置
上記のように、タイトルの位置が変わります(昔、書いた論文から引用しました)。図表は「Excel」で作成したものをWordに張り付けるのが大半だと思います。より見やすくするためには、

Excelで作成した図表を元にして「Power Point」で新しい図表を作る

こちらの方が後で編集がしやすく、見やすいという利点があります。ただ、Power Pointの操作が慣れていない場合は時間もかかってしまうので、時間のある人向きです。この手法は学術誌への投稿論文にもそのまま使えるので、頭に入れておくと後で役に立ちます。

それから、写真についてです。次の操作をしておけば、写真の位置を自由に決められます。

写真を貼り付ける

写真の上で右クリック

文字列の折り返しを選択

全面を指定する

これだけです。使用するソフトのバージョンによって少し異なるのですが、位置の設定は変更できるようになっています。以上が論文としての体裁に最低限必要なことになります。

あとは、文章の書き方、構成といった具体的なことですが、長くなってしまったので、次の記事で詳しく書きたいと思います。

『博士ライフ』では、論文の代筆は行っていませんが、個別の相談には対応しています。論文の書き方、まとめ方、進路相談を含めて気軽にご相談下さい


人気ブログランキングへ

宮城県山元町の伊達むらさき

出身地である宮城県山元町は、これといった物産も無く、宿泊施設も無いので素通りされるというイメージがありました。現に、そういう部分もあるのですが、自分の足で歩いてみると面白い物事がゴロゴロしていることに気が付きました。結局、

知られていない=伝え方が不十分

これが1番の問題だと思います。だったら、山元町のことを自分なりに伝えてみようと思って事業を立ち上げました。このホームページが事務所代わりです。

それでは、なぜ伝えるのか‥

知ってもらうことによって変わることがある

ということでしょうか。よく地方創生といいますが、一番大切なことは

お金の動く仕組みを作る=雇用を作る

ことだと思います。そういう環境を整えてこそ「魅力的な」とか「若者が集まる」という言葉が後から付いてくるのだと思っています。もちろん、最初は補助金事業でも良いと思うのですが、自立性や独自性が薄まることも多いので、最初から自力で出来た仕組みは強いと思います。

さて、そのような可能性を秘めた存在がタイトルに書いた「伊達むらさき」です。伊達むらさきとは、商標のことで、スイゼンジナのことを指します。石川県では金時草(きんじそう)、沖縄ではハンダマと呼ばれている野菜です。

呼び名が異なるということは、それだけ地元に密着しているということかもしれません。主要な産地は沖縄、熊本、石川です。ちなみに、熊本では水前寺菜と呼ばれています。

そのようなスイゼンジナを山元町の特産品にしようと、山元町の千石信夫さんを中心とした「亘理山元町おこし振興会」が活動をされています。2011年から試験栽培を開始し、2013年からは仙台方面に出荷、2014年以降は生産者が増えて栽培面積も拡大中です。

伊達むらさき畑   伊達むらさきの拡大

(2013年10月13日に撮影した伊達むらさきの畑)

写真で分かるように、紫色が特徴的です。興味があって色々と調べてみたところ、寒さには弱いようですが暑さには強いようで、最近のように35℃を超すような気候にも適応できるようです。原産地が東南アジアのようなので、高温多湿にも向いているのかもしれません。野菜というよりも、かなり雑草に近いたくましさがあるようです。

袋入りの伊達紫   調理した伊達紫

(左・仙台市で販売中の伊達むらさき,右・調理した伊達むらさき)

また、この伊達むらさきは、食べるだけでなく草木染めにも活用できます。葉を煮る液体のpHによっても変わるようですが、青い色やピンク、紫色が出せます。

以前、この草木染めの試作品を見せて頂いたことがありました。現在は、進んでいないようですが、草木染めも新たな特産品になるのではないかと思います。当時、伊達むらさきで染めたジーンズを作れないかと考えたことがあります。本を取り寄せて色々と調べてみると、植物の染料で濃い色を付けるには相当な技術が必要らしく、その段階で断念してしまいました。

今でも、この記事を書きながら、どこかのジーンズやアパレルメーカーと組めば面白い商品が作れるのではないかと思ったりしています。異業種や複数の専門家が集まりさえすれば、面白い創造ができます。現実には、そういう繋がりが無いために埋没してしまう物事が多いので、そのためにも「伝える」ということを続けていきたいと思っています。

何も無いと言われる地方にも、実は面白い素材がたくさん転がっています。足元のことに気が付けるかどうかが次の展開への始まりになるという点を強調しておきたいと思います。


人気ブログランキングへ

雑草の話5(逮捕される雑草)

雑草を栽培して逮捕されたと書くと、大麻やケシの栽培と思われがちですが、実は普通に街中にも生えている雑草で逮捕される場合があります。

これに関わる法律の名称は‥

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

と言います。恐らく、大半の方には縁の無い法律だと思います。そこで、雑草の話の前にこの法律で規制対象となっている生物について挙げてみたいと思います。

ブルーギル  オオクチバス

左・ブルーギル,右・オオクチバス

噛みつきガメ  あらいぐま

左・カミツキガメ,右・アライグマ

報道でも取り上げられることが多い生物です。オオクチバスは俗に言うブラックバスのことで、釣りの対象となっています。思えば、中学校の頃、宮城でもブラックバスが釣れるということで近所の釣具店で道具を買い、ブラックバスを釣りに行ったことがありました。

もう20年近く前のことですが、当時はまだブラックバスを釣るのは珍しかったような記憶があります。今では、レジャーの一つとしてのバス釣りが定着しています。ちなみに、釣り上げたブラックバスをその場で放す(キャッチアンドリリース)のであれば、規制対象にはならないようです。

外来生物法の資料a
それから、カミツキガメですが‥

お笑いコンビの「どぶろっく」の1人が無許可飼育で書類送検されたことがありました。

これも、「特定外来生物による生態系に係る被害の防止に関する法律」によるものです。さて、雑草の話に戻りますが、雑草にもこの法律で罰則の対象となっているものがいくつかあります。例えば、

オオキンケイギク  アレチウリ

左・オオキンケイギク,右・アレチウリ

この2種の他にも規制されている雑草がありますが、オオキンケイギクは道端、アレチウリか河川敷で良く見かける雑草です。
この雑草を、環境省の許可なく

栽培する

野外に放つ

ことをした場合、

外来生物法の資料
懲役や罰金を課せられることになります。内容によって変わりますが、

【個人の場合】懲役3年以下、もしくは300万円以下の罰金

【法人の場合】1億円以下の罰金

と、非常に重い罰則となります。以前、研究室の学生にこれらの雑草の鉢植えを作って宇都宮の警察署に自首することを勧めたことがあります(もちろん、冗談として)。果たして、持ち込まれた警察署ではこの法律のことをすぐ分かるでしょうか?もしかしたら、業務妨害として追い返されるかもしれません。

ただ、法律は法律なので違反すれば罰則を科されます。雑草について逮捕された事例はまだ聞いたことはありませんが、動物などの場合は、先ほど紹介したように実際に書類送検されているので注意が必要です。

それにしても、身近な雑草で懲役や罰金の支払いになるということはちょっと怖い話でもあります。それと、特定外来生物として規制されている動植物は人間を介して入ってきている場合がほとんどで、現代のように世界との交流が当たり前の時代を反映しているとも言えます。こうなってしまうと、何が外来で何が在来か‥そういう定義も考え直す必要があるかもしれません。

【引用先】

動植物の写真‥外来生物写真集より

スクリーンショット‥外来生物法の概要より


人気ブログランキングへ

メモを使ってアイデアを出す方法

アイデアと言葉で書くと簡単ですが、実際にアイデアを出すという立場になると、何も思い付かずに非常に困ることがあります。場慣れも大事なのかもしれませんが、何か良い方法は無いかと色々と本を読んできました。

正直なところ何冊か読んではみたものの、これはという本に出会えませんでした。それでは話が終わってしまうので、自分なりに考えてみました。

勉強の方法と違って、モノの見方や切り取り方はマニュアル化しにくいのかもしれません。ただ、全てが感性であるとも言い切れない部分があって、それなりに練習をすればアイデアを出せるようになると思います。

そこで、普段から実行しているのが

気になったこと、頭に浮かんだ単語をメモに残す

会話の中に気になった単語を入れて、相手の反応を聞いて練り直す

‥と、このようなことをやっています。普段、携帯のメールに思いついた言葉を打ち込み、後でまとめてメモ帳に書き写すようにしています。そうすると、何でこんな言葉が残っているのかというような場合もあるのですが、ちょうど今考えていることに活用できる時もあります。

スマホとメモ帳

テレビ、読書、会話で気になった事柄、移動中の思いつき‥そんな内容です。全て単語の状態なので、すぐに打ち込むことができます。人の記憶力は案外頼りないもので、ちょっと前に書いた言葉が新鮮に思えたりします。

大半はボツネタなのですが、それでもどんどん書き続けることによって、後で使える単語が増えてきます。いきなりアイデアを考えるのは難しくても、言葉を貯めておけば、目で追うだけなので数個くらいは考えだすことが出来ます。

あとは、会話の活用が非常に大事だと思います。自分の中でうっすらと出来ている事柄を相手にぶつけてみると、思いがけない反応があったり、更にアイデアが追加されます。その会話で自信を無くす場合もあるのですが、自己完結で終わらせて中途半端なことをやるよりも、会話を通してアイデアを磨くことは大事なことです。

研究を進める時も、ひたすら計画書を書いては先生と話すということを繰り返してきました。今でも、大量の計画書がパソコンの中に入っています。たまに見返すと、案外、思い付きがそのまま論文になっている場合もあります。

頭で考えるのではなく、文字として残す

これが非常に大切なことだと思います。思い付いた単語を書いたメモ帳が増えていくにつれて、出せるアイデアも増えていきます。最初から何か書かなければと思う必要はなく、ちょっと気になる歌詞や食べ物の名前を書いておけば十分です。特に、移動中などは適度に力が抜けているので面白いことを思いついたりします。

後は、その場で否定せずに素直に文字を残すことだと思います。面白いと思ったことは、一晩も経てば落ち着いてしまうのですが、数日後に読み返せばまた違う面白さが見出せたりもします。いつか役立つ単語の貯金と思って始めてみてはどうでしょうか。


人気ブログランキングへ

忙しい!を無くす方法

よく、何かに追われるように「忙しい」という人がいます。でも、少し離れて見ているとそれ程忙しいように見えないことがあります。これは、なぜなのでしょうか?もちろん個人の処理能力は違うのですが、「忙しい」という言葉を減らす方法を書いてみたいと思います。

簡単な方法として、

これからやることの一覧を紙に書く(文字やイラストにする)

実際に文字やイラストに置き換えられるということは、頭の中身が整理されているということを意味しています。もしも、思いつかないようであれば、何をやるべきかを理解していないことになります。まずは、今何をしているを書き、ゆっくり立ち止まって考える時間を持つと良いです。

メモ帳

そのような暇が無いから忙しいと言うのではなく、文字やイラストを書かないから、忙しいと思い込んでいると考えて試してみて下さい。実は、

「忙しい」という思い込みだったりします。

さらに、文字やイラストにする際は、優先順位を付けると何をやるべきかの道筋が明確になります。案外、得意分野を優先して苦手な部分を先送りしがちですが、かえって効率の悪いことになる場合があります。優先順位は、

①期限が近く、自分でなければできない案件

②期限が近く、他人に任せてもできる案件

③期限が先で、自分でなければできない案件

④期限が先で、他人に任せてもできる案件

この程度に分ければ、案外、自分で抱える必要の無い案件に気が付くはずです。ここでいう他人とは、上司、部下に限らず外部の専門家も含まれます。もちろん、依頼した仕事に対してお金が発生することもありますが、全て自分で抱えて作り上げたことよりも、遥かに良い答えが返ってきます。

時間をお金で買うということ

これを一つの選択肢として入れておくと負担が格段に軽減されます。今は、インターネットを通して商標取得の依頼からイラストの制作、ホームページの制作、外国語の翻訳など何でも任せることができます。外部に委託することで浮いた時間は、①や③の自分でなければできない案件に割けば良い訳です。

後は、カレンダーに直近の予定を全て書き込み、1度予定の全体を眺めてみると、結構、時間の空いていることに気が付くと思います。そこで、

移動時間などの切れ間の時間を活用する

ことをお勧めします。案外、ちょっとしたメールで時間を潰してしまうことも多いと思いますが、時間の切れ間も積み重ねれば結構な時間になります。まずは練習として、最初に書いた、今抱えている案件を文字やイラストにする作業に割いてみてはどうでしょうか?

やるべきことが分かると、対処法が浮かんできます。そうすることによって、任せたい内容を相手に説明しやすくなります。

何となく忙しい

全て一人で抱える

案件に追われる日々だけど、成果はいまいち。

こんな循環が、次のように変わってきます。

文字やイラストにすることで「忙しい」の中身が分かる

外部に任せる仕事を割り振ることで、一人でやる仕事の時間を確保する

仕事の質が上がり、余った時間は自分の勉強に使える


人気ブログランキングへ

アクセス数はGoogle次第?

このサイトを開設すると同時に、インターネットを使ってどういう仕組みで人が訪れるようになるのかを独学で勉強しています。ホームページは、多くの人に訪れてもらってからがスタートなので、最低限のことは知っておこうと考えました。本当は、本で勉強したかったのですが、インターネットのようにすぐ変わる世界は本では情報がすぐに古くなるので、ネット検索を活用しました。そうすると、

Googleのさじ加減ひとつ

これで、決まるのかなと思いました。インターネットに詳しい人であれば、もっと色々と挙げられると思いますが、散々、記事を読んだ結果、この一言に行きつきました。

新しいホームページ立ち上げ

1.認知されるまで、地道に更新を続ける

2.内容の充実した記事を書く

3.ツイッターやフェイスブックなどと連動させる

100記事、3か月程度からアクセス数が急に増える

こういう図式なようです。もちろん、アクセス数は簡単に増やせるとか裏ワザ、コツを看板にして無料サービスを提供している人々もたくさんいました。

ただ、無料ほど高いものはなく、溺れる人がワラでもすがりたいという心理に付け込んでいる場合がほとんどです。そもそも、お金は不便なことや困っていることを解決した対価として支払われるものなので、対価を支払わない=無料で情報を得られる訳がありません。

このことについては、以前、無料の資料を請求してみて良く分かりました

結局は、

地道に継続する

ということが一番の近道のようです。急がば回れということでしょうか。実際、最近のGoogleの仕組みは想像以上に発達していて、記事の質などまで見抜いてしまうそうです。仮に、仕組みに盲点があってもすぐに改善されているので、一瞬だけ通じる裏ワザもすぐにダメになるようです。

ネットの社会は真面目にやっている人が報われる

こんな社会になりつつあるのかもしれません。一方で、流行っているホームページの記事をそのままコピーしてしまう人、全て引用だけで記事を構成する人、流行の検索キーワードを並べてアクセス数を稼ぐ人などもいるようです。その辺は、実社会と同じかもしれません。

キーボード打ち込み

後は、どういう手段でアクセス数を増やすにしても、ちゃんと文章を書けるということが必須になると思います。そのためにも地道に読書数を増やし、日々、周囲の出来事に関心を持ちながら勉強を続けることが大事になりそうです。


人気ブログランキングへ