「販売中の商品」カテゴリーアーカイブ

自作サイトで商品を販売する理由

今ではインターネットで物を買うのは当り前の時代になりました。インターネットのショッピングモールというと‥アマゾンや楽天がすぐに思いつくと思います。実際、商品を検索すると検索サイトの上位に必ず両方のサイトが出てきます。

欲しい物をすぐに買えるという点では、非常に優れてシステムだと思います。また、何かを販売したいと思っている人にとって、有名なサイトでネットショップを開設するのは非常に簡単にお店を持てることになります。もしかしたら、普通に店舗を持つよりもネットショップの方が来客数は多いかもしれません。

ギフト

そんなこともあって、これまでに農家さんに教わってきた農産物や加工品を販売しようと考えた時に楽天のことを調べてみました。ちょうど、手元に楽天の創業者三木谷氏の「成功の法則92ヶ条」(幻冬舎)という本があります。既に有名な話なのかもしれませんが、次の一節が頭に焼き付いています。

楽天市場がスタートしたとき、最初の総売上は32万円だった。そのうち18万円は僕が買っていたので、13店舗のショッピングモールでたった14万円しか売れなかったことになる。(中略)14万円しか売れなかったのではなくて、14万円も売れたのだ。(中略)ゼロは何倍してもゼロだ。けれど、ゼロではなかった。14万円なのだ。買ってくれた理由を探し出し、それを増やす努力をすれば、その14万円は何倍にも、何百倍にもできるはずだ。(170‐171ページより)』

今では当たり前の存在である楽天も最初の一か月はそうだった‥こんな事実を知った時、自分にもそういうことができるなと文字通り楽天的に思いました。もちろん、色々な積み重ねがあって今の巨大な組織がある訳ですが。そこで、楽天に出店する場合の経費を調べてみました(2015年4月の情報です)。

楽天サイトのシュミレーションによれば、楽天の平均月商は416万円だそうです。ただ、平均という表記には注意が必要で、1000万円と100万円の売り上げのお店があれば、平均は550万円となり、必ずしも実体を表す数値にはならない場合があります。

開業に関わる費用は‥

①スタンダードプラン(年2回払い)で32万4000円×2=64万8000円

②販売サイトの制作を1番高いもので依頼すれば18万3384円

③初期にかかる登録料が6万4800円

合計で89万6184円です。

それに加えて、売上額に応じた額も徴収されるようです。

普通に物件を活用するよりは遥かに安いのですが、それなりの額にはなります。当然、経費は回収しなければいけないので、その分を商品に乗せることになります。これが商売の常道なのかもしれませんが、売る手間とサイトの構築を自分でやれば、経費を浮かせることが出来る、商品に載せなくても済むと考えました。その分、検索サイトから来客があるまでにはそれなりの時間がかかることは覚悟しています。

後、普通のネットショッピングは便利だけど味気ないという思いを抱いていました。自分もインターネットで販売するという方法を選んでいるのにこう言うのは矛盾しているようですが、ただ売って終わりというのは寂しいと思っています。商品を作っている人、地域のことを商品と一緒に伝えたいと考えています。そして、そこから新たに交流が生まれたり、実際の地域を訪れるきっかけにしたいと思っています。

さつまいも株券(3株券)

いつか「山元町のさつまいも株券」の所有者が集まって、株主総会や現地の見学会を実施したいと本気で考えています!


人気ブログランキングへ

うれしいお手紙

先日、うれしいお手紙を頂きました。このサイトでも販売をしている鹿児島県指宿市(いぶすきし)の徳光(とっこう)すいかを送った方からのものです。

2015/ 6/25 17:39

美味しいものは美味しいとあいうことが伝わって嬉しかったです。何より、お手紙は励みになります。これも、地元を詳しく知っている農家さんが、より良いすいかを選んで頂いたおかげです。これだけインターネットが便利になった世の中であっても、こういうことは人の力にはかなわない気がします。ただ、右から左に持ってきて売るだけで味気ないし、もちろん、そういう売り方もあって良いのだけど、やはり、作り手とか地域のことをもっと知って欲しいと思います。それが農産物を食べる醍醐味ではないでしょうか。

それから、山元町のさつまいも株券もプレゼント用に作成して送らせて頂きました。こちらもすいか同様に喜んで頂けたら嬉しいのですがどんな反応をされるかドキドキです。今は農家さんが世話をしてくれる貸し農園とか、ゲームで遊びながら育てた農作物が実際に届くとか色々なサービスがあります。どういう形が1番ということはなくて、それぞれが好きなものを選べば良いと思っています。

さつまいも株券(3株券)

自分だったらどうするかということを考えた結果を、今販売中の商品に反映させたつもりです。長年、農学部にいた1人として、農家さん巡りをしていると本当においしい野菜や果物が食卓まで届いていないという思いがありました。例えば、同じきゅうりであっても、全然別モノというくらいに味が違っていたりします。それは、農家さんの作り方というよりも、やはり流通時間であったり、保管の方法、お店での扱いのどこかに問題があったりします。

今は、各段に輸送手段が向上していますが、流通のどこかの過程で手を抜くと、出荷時にいくら美味しい農産物でもダメになってしまいます。それを食べた消費者の人が不味いという印象を抱いてしまうのは残念なことだと思います。市場は安定供給という役割があり、卸しや農協などそれぞれ必要性の高い仕組みではあるのですが、箱に入っている農作物を見慣れてしまうと、生産者のことや生産された地域のことを忘れてしまう部分があるような気がしています。

たまに、スーパーなどの店頭で農作物の扱いを見ていると残念になる時があります。そんな訳で、商売の経験も無いのにサイトを立ち上げて、農産物や加工品を売ってみようと思い立った訳です。博士(農学)の名にかけて‥と書くと少々大げさですが。今は、ありがたいことに流通が非常に発達した時代なので、各地の農家さんから直送してもらうことができます。都内には高級な果物を取り扱う老舗があり、その老舗の名前が一つのブランドになっているようですが、自分は生産者の方や地域にもっと焦点を当てたいと思っています。

少なくても、量を買うから価格を下げて欲しいとか、安定供給を契約の前提にするということはしたくないと思考えています。生産の手間に見合った対価を支払うことが最低限の礼儀であるし、当然のことだと思っています。それから、一般の販売業や流通業から見れば非常識な考えかもしれませんが、品切れがあっても良いと思っています。大きな農業生産法人ならばともかく、個人農家ではどうしても生産量には限界があります。そういう面は、しっかりと情報として伝えていきたいと思っています。

‥お手紙の話からだいぶそれましたが、大手に出来ることは大手がやれば良い(中小にはとてもマネができないというのが正直なところです)ので、自分がこれからやりたいこと、やらないことを書いてみました。山椒は小粒でもぴりりと辛いという存在になりたいと思っています。


人気ブログランキングへ

さつまいも参株券について

2015年5月22日より宮城県山元町でのさつまいも栽培が始まりました。なお詳しい栽培の経緯については、こちらをご覧下さい

DSC_0226   DSC_0221

(2014年のさつまいも栽培の様子)

2015年は、昨年の反省点を活かして販売に重点を置きたいと考えています。ただ、販売と言っても出来上がったさつまいもを届けるだけでは面白くないと考え、「さつまいも参株券」の発行を思いつきました。単に食べてもらうだけでなく、さつまいもの成長具合や天候のことなど、スーパーや市場の野菜では見えない部分や山元町のことと合わせて随時、知ってもらいたいと考えています。現代は、インターネットで何でも買える時代でありますが、買って終わり、売って終わりでは少し寂しい気がしています。出来れば、株主総会の形で生産者の方との交流や畑の見学などを開催したいと思っています(希望される方はお気軽にご連絡下さい)。

自己紹介の欄にも書きましたが、事業の方針として、何をするにしても人との関わりが一番大切であると考えています。さらに、地域や美味しい食べ物のこと、物事の考え方、豊かな生き方を提案をしていけたらとも思っています。それを具体化したものが「さつまいも参株券」です。

繰り返しになりますが、楽しく農作物の成長を見て食べて頂き、同時に関わっている人や地域を知って頂きたいという想いです。そのようなこともあり、さつまいも参株でさつまいも3キロの配当と配達料金、株主のみなさまに対する情報提供を全て含めての料金に設定させて頂きました。生いもは扱いが困るという方向きに、干しいもとして加工した状態での発送や、さつまいもの代わりに京工房の加工品での代替も大丈夫です(株主の気分だけでも味わって下さい)。なお、希望される方はご連絡下さい。

販売のページでも書きましたが、さつまいもの配当(収獲量)は2015年6月時点の見込みなので、これからの景気(天候)によっては業績(成長)が大きく変わることも考えられます。もちろん、大恐慌(台風や竜巻)の可能性もありますが、配当が難しい場合はさつまいもの生産をお願いしている山元町の菅野さんが作る加工品で保証(代替)させて頂きますのでご了承下さい。いわば、元本保証型の「株券」になっていますので、投資家のみなさまにはプレゼントへの活用を含めて投資をご検討頂ければと思います。

販売のページへ


人気ブログランキングへ

鹿児島県・指宿市の徳光すいかについて

このすいかの存在は、2015年の1月に鹿児島県指宿市を訪れた際に地元でお世話になっている方に教えて頂きました。ただ、時期外れだったので畑には行っていませんでした。

そして、2015年5月29日に実物のすいかを送って頂きました。すいかというと、せいぜい5キロくらいというイメージだったのですが、届いた箱を見てびっくりしました。すいか専用の箱に入っており、とんでもなく重かったので、正直なところどうやって食べようかと悩んだくらいです。最近は、核家族化が進んでいるせいもあって、大型なすいかは敬遠される傾向にあるようです。

Exif_JPEG_PICTURE  2015/ 5/29 11:00

 (左・専用の箱に入った徳光すいか、右・箱から取り出した徳光すいか)

すいかは、一度切ってしまうと水分も抜けるし日持ちがしないので、切らない状態で置いておくことにしました。その間に、すいかを分ける相手を探すという作業をしていました。ちなみに、最近増えているカットすいかですが、あそこまで細かく切ってしまうとすいかの水分も美味しさも全て外に出てしまうのでお勧めしません。食べやすさとしては一番良い方法なのかもしれませんが、せっかくのすいかがもったいないです。美味しい物を食べるためには、やはり手間をかけることも必要になります。

ともかく、すいかが届いて1週間後にようやく切り分ける日がやってきました。部屋から箱ごと持ち出した訳ですが‥あまりの重さに腕が張ったりして、たまに休みながらようやく運びこみました。運び込んだ先はいつもお世話になっている宇都宮の寿司店で、お店の大将に切り分けてもらいました。後にも先にもすいかを持ち込んだ客はいないかもしれません‥。切られたすいかは、緑色の皮の部分が非常に薄くて赤い身が詰まっていました。

2015/ 6/ 5 14:35    2015/ 6/ 5 14:42

(左・切られるのを待つ徳光すいか,右・切られたあとの徳光すいか)

帰ってから、早速食べたのですが、重いだけあって水分が凄くて甘いすいかでした。やはり、切った日に食べるのが正解だなと思います。このすいかを福島の友人にも送ったのですが、鹿児島の方に特大サイズをお願いしていたので無事に食べられたのかと心配しています。運ぶ時に肩や腰を痛めていないだろうかと‥。こちらは、翌日に腕が筋肉痛になりました

‥と、こう書くと特大サイズはダメと思う方も多いかもしれないですが、大人数で食べるのには最高かと思います。特別アドバイザーの深見先生にも持って行って頂いたのですが、パーティーとか飲食店には合うんじゃないかというお話でした。確かに、すいかの中身をくり抜いて容器にして色々なフルーツを盛り合わせたら面白いと思います。後は豪快にすいか割りでしょうか。他にも、すいかが大好きでしょうがないという人にオススメです。ただ、足腰の弱い方はご注意を。

 販売のページへ


人気ブログランキングへ

えのき茶について

落合園のえのき茶は、2012年頃に試作が始まりました。実は、ごく初期のえのき茶を頂いて飲んだのですが‥生臭い‥というか、何とも表現に困る味でした。このままお蔵入りかなと思っていたのですが、さすが研究熱心な社長さんなので、今は立派な商品に生まれ変わっています。

以前、泊りがけで材料となるえのきの乾燥作業を見せて頂いたことがあります。温度と湿度(特に湿気は大敵)を測定しながらの乾燥となり、見た目の乾燥具合と味を定期的に確認しては、また乾燥を続けるという作業を繰り返し、結局深夜1時近くまでかかりました。適度に乾燥させると、えのきも甘く香ばしい感じに変わります。乾燥状態はどんどん変化していくので、どの段階で乾燥を止めるかが腕の見せ所とのことでした。以前、湿度の高い時期での作業では朝の6時頃まで時間がかかったとのことでした。その後、乾燥させたえのきと緑茶を混ぜて、ようやくえのき茶の完成となります。

最近は1度飲んだお客さんが繰り返し買ってくれるとのことで、年配のお客さんに直接話を聞いたらお通じが良くなったとのことでした。薬のようにはいかないでしょうが、普段の生活の中に取り込んでしまうには良いのかもしれません。ちなみに、今の味は、お茶の中にダシのような風味が少しします。初期の試作品とは全く別物になっています。最近、糖尿と向き合っている方にえのき茶を送りました。緑茶も、えのきも体に良いもの同士なので、少しでも数値が改善されたらと思っているところです。

ちなみに、落合園の紹介と普通のお茶のことはこちらに書いてあります

 販売のページへ


人気ブログランキングへ

埼玉県狭山・落合園のお茶について

(序章・読み飛ばして頂いても大丈夫です)

埼玉県狭山市の落合園との縁は2010年にさかのぼります。当時、研究室に所属していたA君という男子学生がいて、彼の趣味は自転車でした。自転車といっても競技用の自転車ではなくて、普通にホームセンターで売っているような典型的な自転車を愛していました。A君は日曜日になるとその自転車に乗り、北や南方面の目的地を定めるとあとはひたすら自転車をこいでいました。移動距離が尋常では無く、宇都宮から日光方面であったり、茨城方面であったりと片道だけでも大変な距離をひたすら走っていました。

そんなA君が偶然たどり着いたのが埼玉の落合園でした。宇都宮から自転車に乗った若者が突然現れた訳で、びっくりされたようですが、歓迎してもらったようです。A君がお土産で買ってきた緑茶を飲んでみると、普段飲んでいるお茶よりも美味しく、程よい渋みの中に甘味がありました。それ以来、研究室のお茶は落合園のものとなり、無くなった時は電話で取り寄せるようになっていました。

いつかは、実際のお茶畑に行ってみたいと思っているうちにA君が卒業してしまい、自分の足で実際に初めて訪れたのは2014年の5月でした。埼玉だから電車もバスもあるだろうと思っていたら、電車は西武線が走っていたものの、バスが信じられない程に少なく、落合園の近くまで行くバスは1日4便というとんでもない本数でした。どうにかバスの時間に合わせて乗車し、最寄りのバス停で下車してから歩くこと約10分で念願の落合園に到着し、現在までお付き合いさせて頂いています。

(ここから本題)

最初の訪問から約1年が経過し、定期的にお茶園に遊びに行かせて頂いています。お店には地元の常連さんが遊びに来ていて、お茶の入れ方や畑のことなど色々と話ができるのが楽しいところです。そんな落合園ですが、今の社長さんで三代目だそうです。創業は古く、昭和12年の写真がお店に飾ってありました。

Exif_JPEG_PICTURE   Exif_JPEG_PICTURE

(左・お茶摘みの様子,右・当時の埼玉県知事が来訪した時の記念写真)

社長さんに聞いたところ、お茶摘みといっても地元の方々では無く、東京の方から観光で来た人達の様子を写した写真だそうです。また、埼玉県知事との撮影には男性しか写っていないとのことで、この辺からも時代背景がうかがえます。さて、そんな落合園には控え目な犬と気難しい犬がいます。

2014/12/12 12:25     Exif_JPEG_PICTURE

(左・控え目な犬,右・気難しい犬‥撮影をすると嫌がる)

 顔が似ていると思っていたら、兄弟だそうです。控え目な犬は昔から落合園に居たのですが、気難しい犬は別の家にもらわれていったものの、飼い主が高齢になってしまい実家に戻ってきたとのことです。3月にお伺いした時はまだ居らず、5月に行った際に犬小屋が増えていたので、まだ戻って来てあまり時間が経っていないようです。‥と周辺情報ばかりですが、そろそろ本題に入ります。

 まず、落合園のお茶ですが、甘みが特徴です。ここのお茶を飲むとペットボトルのお茶(比較対象があまり良くないですが)は単に苦いだけと感じます。お茶の産地というと、静岡が有名で他にも九州がありますが、産地によって味や香りは異なるそうです。また、お茶に限った話では無いのですが、畑の管理によってもかなり味は違ってきます。

Exif_JPEG_PICTURE(2015年5月撮影、新茶収穫後の茶畑)

 お茶の成長にとって、雨が多過ぎても少な過ぎても問題があるそうで、今年は暑い日が続いたので成長が良かったようです。とにかく、農業は天気次第な部分が強いためにその年によって茶葉の出来が大きく変わるとのことでした。そこで大事になるのが、加工技術になります。加工によって味を調整するのが腕の見せ所だそうです。お茶園によっては収穫をした茶葉を組合などに卸すところもあるのですが、落合園では生産から加工までやっています。茶畑の横が加工場になっていて、新茶の収穫時期は生の葉を乾燥させる作業が夜通し続くとのことでした。

 加工場は、まさに機械そのものといったゴツゴツした機械が並んでいます。

Exif_JPEG_PICTURE   Exif_JPEG_PICTURE

(落合園の加工場の様子)

 これらの機械を駆使して生の葉から荒茶(あらちゃ)というお茶の素を作りますが、その過程で‥

Exif_JPEG_PICTURE   Exif_JPEG_PICTURE

(左・お茶を選別する落合社長,右・様々に分けられた茶葉を入れた箱)

 お茶の種類によってさまざまな状態に分けられます(この辺はまだ不勉強なので、次回、教わってきます)。これでようやくお茶の味を構成する部品が完成します。その後、これらの部位を何種類か混ぜて、味を確認し、また足したりしながら調整作業に入ります。この作業に立ち会わせて頂いた時は10回近く味見をしました。面白いことに、ちょっとの調整で味が凄く変わりました。だから、どこで止めるかが難しいのだそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

(お茶の調合台、奥にあるやかんで常にお湯を沸かしてある)

 ‥と、こんな過程を経てようやく袋入りのお茶が完成します。ちなみに、落合園のお茶は詰め置きはせずに、その日ごとに注文に応じて調合してから袋詰めをしています。地元の常連さんに聞いたら、手間がかかるのでそこまでやっているお店は珍しいと言っていました。あと、お茶は冷蔵庫に入れて保管すると良い(未開封時)と教わりました。今のように保存技術が発達していない時代のお茶は、湿気を吸ったり変色したりで変だったようです。また、昔は、出荷せずに家庭用として栽培していたらしいです。美味しいお茶を年中飲める‥改めて、便利な時代になったと思います。

 かなり長い話になりましたが、肝心のお茶の入れ方を書きます。まず、このブログで取り扱っているお茶については沸騰させたお湯で入れて下さい!ちなみに、2000円を超すお茶(量は少ないですが、お問い合わせ下さい)の場合は少し冷まして入れて下さい。お茶の葉の部位や品質、乾燥程度の違いによるものです。また、3回は抽出できるように作っているお茶ですので、風味の変化を楽しんでもらえたらと思います。

Exif_JPEG_PICTURE   Exif_JPEG_PICTURE

(お茶の種類、入れ方、お湯の温度によって異なるお茶の色)

 夏の場合、水出し(時間がかかります)も面白いです。ただ、味はちょっとダシっぽいというか独特の風味があります。お湯で入れたものを冷まして飲むのもオススメです!その他に、地元の常連さんに教わったお茶の入れ方ですが、一気にお湯を注ぐのでは無く、急須にお湯を少量入れては湯のみに注ぎ、また少量のお湯を入れてから湯のみに注ぐという作業を繰り返して(3回くらい)入れると、程良い苦味が加わります。ぜひ、自分好みの入れ方で楽しんで頂けたらと思います。

 また、補足情報として国立がん研究センターから、緑茶が死亡リスクを低下させる等の報告が出ています。他にも、お茶風呂やお茶での洗顔(最初は少量で肌に合うかを試して下さい)も体に良いようです。ただ、お茶に限らず、1つのもので病気が改善されるということは考えにくいので、無理のない形で普段の生活に取り込むこと、食事のバランスを整えることが最も大事だと思います。

 販売のページへ


人気ブログランキングへ

宮城県山元町の京工房の万能だれについて

宮城県山元町は仙台から50キロ近く離れたのどかな町です。そんな町で、菅野京子(かんのきょうこ)さんはご主人と野菜や加工品を作っています。

震災後の京工房

2011年3月11日の震災では、津波が畑に浸水するだけでなくご自宅も被災されました。現在、仮設のプレハブの工房に「京工房」の看板を掲げて今回ご紹介する「京子の万能だれ」を作っています。京工房の名前の由来は菅野さんの名前・京子に由来しています。

菅野さんと初めて出会ったのは2013年の5月で、津波の浸水した畑でダイズを栽培しようと考えて畑を借りにお伺いした時でした。その後の展開については、別の記事に書いてあります。2016年9月現在、菅野さんとはさつまいもを一緒に栽培したりしています。

山元町のふるさと納税に採用されました!

京工房の「京子の万能だれ」が2016年9月から宮城県山元町のふるさと納税に採用されました。ぜひ、下のサイトもご覧になって下さい。

ふるさとチョイス

わが街ふるさと

万能だれの使い方

「京子の万能だれ」は、栃木県宇都宮市の国立大学法人宇都宮大学の近くにある優食キッチンさんに紹介させて頂きました。今も、定食メニューとして使って頂いています。お店の方によれば、ある常連さんはいつも「京子の万能だれ」を使った定食ばかりを食べているそうです。

これは、国産豚肉とたまねぎを、「京子の万能だれ」に1晩漬けておいたものをフライパンで焼き、仕上げに白ゴマをふりかけたシンプルなメニューですが、ご飯にぴったりのおかずとなります。

               菅野さん紹介ちらし  万能だれ炒め

     (左・優食キッチン内のメニュー,右・京子の万能だれ炒め定食)

最近では下味に「京子の万能だれ」を使った鶏のから揚げが好評になっています。お店での作り方は、「京子の万能だれ」に、にんにく、しょうが、日本酒、醤油を少し足したものに鶏のもも肉を1晩漬けておくだけと凄く簡単にできるとのことでした。

コツは、たれが少し濃い目に作られているので、あまり入れ過ぎないことだそうです。美味しいだけでなく、経済的で助かるというお話も頂きました。また、ある常連さんはサバの味噌煮の隠し味に「京子の万能だれ」を使用したところ、サバの臭みが取れて美味しくなったと教えてくれました。

「京子の万能だれ」は、宇都宮市の優食キッチンさんの店頭も置いてもらっており、これまでに350本以上を販売して頂きました。 また、お店の方では業務用だれを使って頂いています(飲食店向け)。販売中の商品の項目に業務用は書いてありませんが、飲食店など興味のある方があれば、ぜひお問い合わせ下さい

新デザインからの再スタート

最後に「京子の万能だれ」は、震災後、復興だれと銘打って販売しており多くの方々に支えて頂きましたが、味で選んで欲しいという願いを込めて復興の文字を削除して、2015年2月にラベルを一新しました。

新しいラベルの作成には、仙台市の東北生活文化大学の総務部・千葉卓也主任、三上秀夫教授ならびに三上ゼミの学生の皆さんにご協力頂きました(阿部も関わらせて頂きました)。また、2015年2月16日に開催されたあいおいニッセイ同和損保主催のイベントでは、宮城県の村井知事にもお買い上げ頂きました。

             DSC04460   DSC04508

(左・デザインを一新した万能だれの宣伝パネル,右・村井宮城県知事に商品を渡す菅野京子さん)

「京子の万能だれ」は最近流行りの強烈な味付けも、クセもありません。パネルにも書いてあるように菅野さんの家庭の味です。だから、優食キッチンに来られる常連さんのように毎日食べても飽きないのかもしれません。また、菅野さんについては、アスネットみやぎさんのホームページにも掲載されていますので、そちらもご覧下さい。

その他の宮城県山元町の情報

・木工工房の「無房

・いちじく生産の「やまうち農園

・トマト生産の「スルーエイジ農園

(2016年9月7日:ふるさと納税紹介ページと文章を追記、段落構成を変更)


人気ブログランキングへ