数年前まで、毎年のようにひょうたんを育てていました。特に理由は無くて、単なる遊びとしてひょうたんの種子を買ってきては苗を作り、畑に移植していました。しかも、大学の中で。それが、大学の良いところかなと思うのですが‥最近は、せちがらいというか、短期間で成果を出さないと予算を削られたりとか、目先だけの研究が増加しています。

卒論などでも、研究室によっては最初から答えの出る研究テーマを与えたりします。確かに、物事を整理してまとめ上げる練習と思えば、そういうのも良いのかもしれません。ただ、答えの分かっていることを今更調べて面白いのかなと思う訳です。そんな訳で、結果が出るかでないかも分からない(恐らく出るだろうというレベル)テーマの方が良いだろうと思うのですが、最近の学生さんはそれは不安に思うようです。答えの出ない分野なんかいくらでもあるのに、クイズのような暗記型の勉強に慣れてしまったせいかもしれません。

‥話がそれてしまいましたが、ひょうたんを育てるということは、しっかりと結果が出ます。そういう意味では最近の学生さん向けかもしれません。ちゃんと育てあげれば、それなりに収穫ができるし、ちゃんと管理しなければ全滅してしまう訳です。

2014/ 9/18 10:55

ひょうたんを育てていると、毎年、同じ虫がつきます。だから、今年はそろそろ殺虫剤を散布しようかとか考えながら成長を観察することになります。一度、植物を育ててみると分かることですが、農業は雑草と害虫との闘いになります。これを共存ということで無農薬で通す人もいるでしょうが、そこはそれぞれの考え方かなと思います。ただ、目の前のひょうたんが枯れてしまうのは嫌なので、自分は殺虫剤も化学肥料も普通に使ってきました。それでも、当然ながらちゃんと育ちます。

ひょうたんに限らず、こういう栽培の経験をしておくと農産物を見たときにいろいろと考えるきっかけになります。スーパーに並んだ野菜を見ただけでは、生産の大変さとか、農家さんのこだわりは分かりません。同時に、無農薬とか無化学肥料にどの程度の意味があるのかも分かってきます。また、大半の作物は1年に1回しか育てられません。だから、農家の大ベテランであっても10歳から栽培を始めたとして90歳までで80回しか栽培できなません。

さて、ひょうたんは収穫後の楽しみがあります。それは、形がちゃんと残るということ。例えば、千利休が花入れとして使用したひょうたんは今でもちゃんと残っています。普通の農作物は食べてしまうので形が残らないので、それがひょうたんの良いところだと思います。インターネットで調べると、結構、ひょうたん愛好家の方が存在します。

2014/ 6/13 22:59  2015/ 2/27 20:06

2015/ 1/20 13:37  2015/ 3/19 20:53

上の写真のように、絵の具で顔を描いたり、黄色いスプレーを塗って幸せの黄色いひょうたんを作ったり、さらには研究室の入口に飾ったりもしました(文字は雑草と読む)。こういう遊びは決してムダではなくて、後々まで生きてきます。あまり真面目に生きるよりも、この程度のゆとりは持っておきたいものです。


人気ブログランキングへ