なぜ出身地の宮城県山元町でさつまいも栽培をしたのかを聞かれる機会が増えたので、書いておこうと思います。これまでに書いてきた記事と重複している部分もありますが、詳細はカテゴリー『宮城県山元町でのさつまいも栽培』を読んで頂ければと思います。

さつまいも栽培の契機

そもそものきっかけは、東日本大震災でした。あの日を境に自身の生き方が変わったとういか、変わらざるを得なくなりました。様々な葛藤を経て、ようやく動き出したのが2012年の後半、実質は2013年からでした。

震災後の宮城県山元町の沿岸部に関しては、まずいちご関係が動き出しました。震災前、山元町の沿岸部ではいちご栽培が盛んであったという経緯があります。2011年以降、もちろんいちご以外にも農地の除塩や、がれき除去、基盤整備も同時に行われてきましたが‥
①農機具が津波で流出、破損
②農地の整備事業が進まない
③家屋が損壊などで農地まで手が回らない
④高齢や身内を亡くした
などの理由で、離農される方も多く、農地が活用されない状況でした。津波による物理面(①~③)と精神面(④)の影響が混在していました。
いちごについてはいちご農家さんがグループを結成して国などの支援を受けて再建したり、町としても山元町=いちごということで積極的に支援を行っていました。一方で、いちご以外の農家さんは兼業が大半であることなどから、自力で農地を元に戻すか、復興事業で農地整備が終わるのを待つという感じでした。そんな中で、何か畑で栽培出来るものが無いかと考え始めたのが2013年でした。
同時に、報道されているより実際の塩害はひどく無いのではないか?という予想もあり、それを自分の手で試してみたかったというのもありました。実際に試さないと分からないことが多々あるという経験は、長年研究に関わっていたせいかもしれません。
いちご以外の作物を選んだ理由については‥
①元いちご農家さんの復旧が優先だったこと
②多額の費用がかかること
③自分自身がいちごの栽培に詳しくなかったこと
④菅野さんがいちご農家ではなかったこと
⑤いちごは支援が手厚く、自分が関わらなくても大丈夫そうだったこと
以上の点からでした。
栽培にあたっては、①栽培が簡単であること、②食べて美味しいことを優先しました。最初の頃は『珍しい』ということも入れていたのですが、紫とうがらしや甘いとうがらしなど珍しいだけでは売れないことから、そこは反省点となりました。
さつまいもにたどり着くまで

(2012年)
宮城県境から福島県境を歩き、沿岸部の雑草を調査。
雑草のヒエが非常に多くなっていることに注目。

繁茂する雑草のヒエ(イヌビエ)

(2013年)
津波の浸水した土地での農作物栽培を考える。昨年の調査の結果から、ヒエを中心とした雑穀が良いと考えて数種類のヒエを取り寄せる。さらに、ヒエにはアレルギーが少なく健康食品としての需要も高いと考えた。

5月に山元町の沿岸部で畑を借りる。時期的にヒエを栽培するのに遅くなったことと、脱穀が難しいことからダイズ栽培に変更。使用するダイズは水はけの悪い土地でも育つ品種を滋賀県から取り寄せる。ダイズは栽培が簡単、過去に山元町での栽培実績があるという理由もあった。

ダイズ畑の様子

途中までは非常に良く成長したものの、成長時期の長雨で不作となり失敗。また、月に1度程度の手抜き管理だったことも良くなかった。具体的には新幹線の始発で宇都宮から仙台に向かい、山元町で畑作業をして最終の電車で帰るという自称『新幹線農業』でした。それでも、塩の影響が無いことを確認することができた。

さつまいも栽培

(2014年)
沿岸部の砂地、貧栄養の土に合い、しかも栽培が簡単な作物をと考えてさつまいもにたどり着く。品種は、近年注目されているべにはるか。この品種を知ったのは、宇都宮の優食キッチンのおかげ。インターネット検索でたどりついた鹿児島の農家さんから苗を取り寄せて栽培開始。他に、安納いもと奈良の紫とうがらし、甘いとうがらし2品種を試験。

紫とうがらし(熟すと赤くなる)

安納いもは条件が合わず失敗。とうがらし栽培は大成功したものの、どう活用するかが上手く見出せずに保留。べにはるかは予想以上に良く成長し、12月の試食でかなり甘みのあることが判明(市販品と同等かそれ以上)。

(2015年)
保管中のさつまいもが寒さで傷みだす。傷んだ部分を削った上でこれまでにお世話になった方々に焼きいもを送付。5月下旬からさつまいも栽培を開始し、1000本を植え無事に収穫をすることが出来て2016年の初頭に無事完売。

(2016年)
さつまいも3000本を栽培し、秋に2トン程度(推定)の収量。山元町の福祉団体・工房地球村にさつまいも畑をつくり一輪車一杯の収穫。同じく山元町のNPO法人里山ひろばにさつまいもの苗を提供。

(2017年)
NHKの取材を受け、2017年1月20日(金曜)18時10分~の宮城県向けニュース『てれまさむね』内で放送される。放送の翌日、山元町の夢いちごの郷で販売中の干しいも、山元町のケーキ店・プチットジョアさんで、さつまいもを使用したミルフィーユが完売。2017年5月より4年目のさつまいも栽培が始まる予定。

まとめ

このような流れで現在に至ります。被災地に何が育つかはどんな農業の権威に聞いても可能性までしか言えないはずです。実際、菜の花や綿、トマトなど多くの栽培が行われました。

失敗にせよ成功にせよ、これらはいつかまた起こる震災後に向けての貴重な資料として残ります。また、本などの知識ではなく、実践して初めて分かることです。時間はかかったものの、実際に栽培をしたことは非常に良い経験になりました。

これまでに多くの方に興味を持って頂き、様々な形で支援や励ましを受けたことは非常に心強かったです。結局は何をするにしても人の繋がりだと思っています。そんなことを心に刻みつつ、今年も挑戦していきます!!


人気ブログランキングへ