先日(2016年9月2日)、ちょっとした作業の手伝いの報酬でナスとキュウリをもらってきました。

報酬

作業と言ってもパソコン画面でラベル印刷という部分をクリックする程度のもので、全然難しくないものでした。こういう程度の内容でも誰かの役に立てることがある訳で、こちらとしても良かったなと思って帰ってきました。

都会だと『報酬=お金』となりがちですが、地方だと野菜とか果物をもらったりします。この前は米をもらいました。

もらった野菜今の時代は資本主義なので、電力会社への支払いを物納で済ます訳にもいかずどうしても現金が必要となるのですが、『生きる』ということを考えれば食料は立派な報酬だと思います。もちろん、現金収入と現物収入はバランスだと思います。

現物収入を増やす方法

現金収入を増やす方法はかなり昔から書かれていると思いますが、これからは、現物収入を増やす方法に注目が集まるかもしれません。

畑の地面を撮影してきた写真があるのですが、巨人の国の野菜のように大きくなったキュウリ、ナスが転がっていました。土に還る日を待っているのですが、人間の口に入れば立派な食 料としての生き方があった訳です。

落ちたキュウリ何が言いたいかというと、報酬が取り放題ということです。現金は落ちていれば拾うかもしれませんが、野菜は放置されています。

昨日は、畑からキュウリ狩り、ナス狩りをして直接袋に入れてもらってきました。モンスターやポケモンの狩りと違ってとても地味な狩りなのですが、ナスのトゲの凶暴さを改めて感じました(ナスには、いつでも野生に戻るという雰囲気があります)。

落ちたナススーパーで買えば野菜のトゲも分からないし、そもそも葉の形も花 の色も分かりません。都会の子の多くは、畑すら見る機会の無いままに成長しているらしいのですが‥実際の畑を見て、自分で収穫した野菜のトゲに刺され、その野菜を食べるという経験は現金では得られない報酬になるんじゃないかと思います。

現物報酬を増やすには、現場(畑でもいいしデザインなどでも良い)と接点を作ること、そのためにもネットから現実に割く時間を増やすことが大切だと思います。

現物+体験

都会の現金が、経験を学びに行った子ども達経由で地方に移動し、その対価として現物(野菜)と体験を交換出来ればいいのにな‥ということを考えていました。

今は、インターネットを使って数日待てば世界中の商品が届く時代なのですが、その商品のもっと奥が伝われば良いのにと思ったりもします。

実際、緑茶一つにしてもお茶の部位、栽培している畑によって味が全然違うのでブレンド次第で色々な味になります。完成品を買ってしまえば美味いか不味いくらいしか言いようが無いのですが、ブレンドに立ち会うとモノ創りの奥深さに触れることができます。

現金と現物のバランス

考えはやや飛躍してまだ、まとめにくいのですが、現金と現物収入のバランスの取れた生活はきっと充実しているし、楽しいだろうなと思います。自分の中でも、まだその辺のバランスの取り方は試行錯誤中です。

ことさらバランスを強調するのは、『拝金主義』も『自給自足の生活』も極端過ぎて、自分には合わなそうだなと思ったからです。『里山資本主義』とか、『スローライフ』という言葉も自分にはちょっと過剰な気がします。

横になる犬適度に買い、もらい、贈り、獣(犬とかネコとか)をいじるくらいの生活が合っている気がしています。何事も自然体で過ごすことが出来ればと思っています。


人気ブログランキングへ