雑草の話が出ていたので、紹介したいと思います。キク科のオオキンケイギクという雑草です。最近、出身地である宮城県でもよく見かけるなと思っていたのですが、こちらは福井の新聞に掲載されていました。

記事より

福井新聞ONLINE、2016年6月18日(土)17時37分配信の記事です。

オオキンケイギクは北アメリカ原産で、キク科の多年生植物。5~7月ごろにかけて、直径5~7センチほどの黄色い花を咲かせる。高さは30~70センチ。日本では、1880年代に観賞目的に導入したとされる。河川ののり面の緑化や苗の販売により一気に繁殖したという。

同市の北川では、上流部でかつて緑化に用いられたとされる。落ちた種が流れて下流部にまで広まったとみられ、西津や内外海地区の私有地などでも広く自生している。繁殖力が強く、荒れた土地でも育つのが特徴。

花が美しいため、庭などに植え替えて楽しむ人もいるが、環境省は2006年に、カワラナデシコなど在来種に悪影響を与える恐れがあるとして特定外来生物に指定した。

栽培や運搬、保管などは法律で禁止されており、個人が違反すると懲役1年以下、または100万円以下の罰金が科せられる場合もあるという。

これが、オオキンケイギクです。

オオキンケイギク黄色い花がキレイなので、わざわざ残している場所が多くありました。お役所は伐採しろ、駆除しろといい一般の人達はキレイだから残すという何とも皮肉な構図となっています。

雑草で罰金を支払うというマンガのような話ですが、本当のことです。植物だとあまりイメージが湧かないと思いますが、ブルーギル(魚)やカミツキガメなども特定外来生物に指定されています。昔は、ギル釣りと称して遊んだこともあった(誰でも簡単に釣れる)のですが、今や法律に関わるようになってしまいました。

福井県小浜市の対応

再度、福井新聞ONLINEの記事を引用します。

きれいな花にはご注意を―。国土交通省や福井県、同県小浜市では、外来種の植物「オオキンケイギク」の駆除に取り組んでいる。同市を流れる北川一帯にも自 生しており、市などは今月上旬、駆除を呼び掛けるチラシを周辺住戸に配布。市環境衛生課は「種ができる前のこのタイミングで駆除に協力してほしい」と呼び掛けている。

さらに‥

同市は、国交省や県と協力して2年前から広報活動を強化。同課が市内全域を調査し、分布マップを作成した。種が飛ぶとすぐに根付いてしまうため市内全域での対策が必要とし、広報紙の5月号では特集を組んだ。

風で種が運ばれないよう、種ができる前のこの時期に毎年、集中して駆除活動も行っている。私有地での駆除作業は勝手にできないため、▽根っこから引き抜く▽乾燥させる▽種が飛ばないように袋に詰める-などし、燃えるごみとして廃棄するよう呼び掛けている。

市の担当者は「油断すると一気に広がり手がつけられなくなる。一般の人にも、他の植物への影響の大きさを知ってもらいたい」としている。

現状

こんなオオキンケイギクですが、わざわざ残している場所が多く見られました。やはり、花がキレイだからだと思います。お役所は伐採しろ、駆除しろといい一般の人達はキレイだから残すという何とも皮肉な構図となっています。

このようなやり取りも法律という存在があるからで、それが無ければ何の話題にもならず、ただの黄色い花をつけた草が増えている程度にしか認識されないと 思います。そちらの方が自然な反応だと思うのですが、法律に仕立て上げてしまったので対処しなければいけなくなりました。

レバーの生食も合法な時代から、今や逮捕される時代になりました。こちらは、食中毒というそれなりの根拠があるものの、オオキンケイギクに関してはそんなに目くじらを立てて駆除する必要 があるのか考えさせられます。

そもそもの話

結局は人間が持ち込んでいる訳で、鎖国でもしないとこういう問題は無くなりません。また、いかにも危ないように表現されているのですが、単一の雑草が地上を全て覆うことはありません。

もちろん、農業に被害が出るとかそれなりの理由があれば対処する必要はあるのですが、特定外来の選定が妥当かどうかは雑草に 関して言えば疑問が残ります。それよりも他にもっと優先すべき仕事、法律があるような気がします。結局は人間の自作自演という見るべきかもしれません。


人気ブログランキングへ