2016年となり、早くも2週間が経過しました。本当は、もっと記事を更新するべきだったとか、あれをこうしておけばという反省点も多々ありますが、少しずつ物事が進んでいるような気がしています。年始にあたり、昨年を振り返りながら今後のことについて書いてみたいと思います。

自分で仕事を作るということ

このサイトの冒頭に自己紹介として掲載していますが、全ての始まりは2011年3月11日の東日本大震災でした。詳細は自己紹介の欄に記した通りですが、色々な背景を経て自分で仕事を作るという選択をしました。

職業の区分としては、自営業ということになると思います。もちろん、今日からそういう仕事を始めますと言っても急に何かが変わる訳では無く、漠然と時間を費やすこともありました。

そのような中で一筋の光が差してきたと感じたのは人の縁によるものでした。漠然と時間を過ごしながらも、出来るだけ多くの人と会おうと考えて動いていました。時には、出費について悩んだこともありましたが、人と出会うということを最優先にしました。

書籍

それから、たくさんの本を読みました。元々、読書は趣味の1つでしたが、意識的にビジネス関係や自己啓発の本を読むようにしました。全ての本が参考になった訳では無いのですが、良い蓄積を得ることができました。

とにかく考える

同時に、自分の頭で考えるということを続けました。とにかく、時間だけはあったので本を読んでは考えていました。更に、考えた諸々のことを実行に移しました。

その最たるものが出身地・宮城県山元町でのさつまいも栽培です。これまでの出会い、学んできたことが繋がったという意味で大きな出来ごとでした。

さつまいも畑(8月9日)

当初は持ち出しばかりでしたが、今年は事業として少し成り立つのでは無いかという方向が見えてきました。これまで続けてきたこと、さつまいもという実物を見せて食べてもらうことが出来た意味は大きいと思っています。

いくら良くてもアイデアだけでも伝わらないし、行動に移して初めて共感者が現れることに気が付きました。

誰と組むか

当初、知人と一緒に活動していくことを考えていました。ちょうど、お互いの得意分野が被らなかったので両方の力を足せば更に前に進められるというように考えていました。

ところが、実際にはほとんど動きませんでした。色々な理由があるとは思うのですが、結局自分で分からない部分は相手に依存することになる訳で、相手からの応答を待つことになりました。

1人で全てやれば自分で決めて行動するまでに時間はかからないのですが、やり取りに思いのほか多くの時間が費やされました。また、これまでにお互いが経験してきたことの違いを埋めるという作業も結構大変なものでした。

そのような訳で、当面は1人で進めることにしました。当初は不安の方が大きかったのですが、実際に起業を経験した方々に話を聞くことが出来たので、だいぶ気持ちが楽になりました。

2016年の展開

さて、五里霧中のような状態に薄日が差した2015年でしたが、今年はこれまでに考えてきたことをどんどん実行していきたいと思っています。

飛躍

まずは、先ほど書いた宮城県山元町でのさつまいも栽培を成功させること。既にさつまいもが立派に育つことは確認できたので、多くの人に食べてもらうようにしたいと思っています。

また、今年も1つ1つの出会いを大切にしたいと思っています。ゼロから物事を立ち上げる場合、当初、悩む時間の方が圧倒的に多いのですが、勢いの付き始める瞬間があると思っています。今年は、そのような勢いを出せればと思っているところです。


人気ブログランキングへ