先日のGoogle analyticsの現状に続いて、Search Consoleの現状について書いてみたいと思います。

技術的な面は分からないので、実際に使用していて不思議に思ったことや、数値の変動などを中心に書きたいと思います。

Search Consoleとは

独自のドメイン(〇〇.com的なもの)を取得してホームページを作っても、最初の頃の訪問者は皆無です。その理由はGoogleやYahooなどの検索サイトがホームページの存在を認識していないためです。

このため、検索サイトに自分の作ったホームページを伝える必要があります。Search Consoleは、自分のホームページと検索サイトを繋ぐ存在と考えれば分かりやすいと思います。

設定について

詳細な設定は、Googleのサイトでも紹介されています。ただ、Googleのサイトの開設はサバサバしているというかあまり詳しくは書かれていないので、「Search Console、設定」と入力して自分にあった解説を探した方が良いと思います。

基本的には、それほど難しい訳ではありません。特に、Word Pressを使用していればサイトマップの作成はGoogle XML Sitemapsというプラグインが使えます。このプラグインについては、バズ部というサイトに詳しく書かれています

wwwアリか無しか

ここは、だいぶ悩んだところでした。Search Consoleでは自分のサイトをwww.〇.comか〇.comのどちらで検索サイトに表示するかを選ぶようになっています。

どうやら、www.〇.comと〇.comは別物という解釈になるようです。このため、両方のドメインを登録した上で、どちらの表示にするかを選ぶ必要があります。

会話このことに気が付いたのは、いつまで経っても検索アナリティクスが表記されなかったり、クロール(検索サイトからのアクセス)が非常に少ないためでした。

インデックスステータス(検索サイトに登録されたページ数)がずっと1のままという原因を調べていて、表記の問題に気が付きました。

表記統一の後で

当初、www表記で統一したのですが、なぜか状況が改善されなかったのでwww無しに変更しました。そうすると、先ほど書いた問題点は改善されました。

本来、www表記を選択しても問題は無いはずなのですが‥その辺の理由はよく分かりません。統一後、

wwwのインデックス数は1のまま、www無しのインデックス数は100を越えました。

どうにか、Googleに認識をしてもらったようです。

インデックスステータスの激減

このまま順調に進むかと思っていた矢先に、今度はインデックスステータスが突然、30%近く減少しました。あれこれ調べたのですが、思い当たる原因は見つかりませんでした。

アクセス数ところが、10日程して急激に回復してほとんどのサイトが再び登録されました。全く原因の分からない出来事でしたが、たまにアクシデントが起こるという気持ちでいた方が良いのかもしれません。

クロールされるページ数

最後に、クロール→クロールの統計情報から見ることのできる「1日あたりのクロールされたページ数」についてです。対処に困った時によく見るバズ部のサイトでは、

クロール頻度が1日に100回以上を超えると月間10万アクセスほどの規模になる。

と書かれているのですが‥現在の統計情報は以下のようになっています。
クロールの統計情報平均で605、直近でも519という数字でした。ただ、現在のアクセス数は月間1000にも満たない値です。Googleがサイトに関心をもってくれていると前向きに捉えているものの、この辺もよく分からない部分です。

以上、何かの参考になればと思って書いてみました。技術者の介在する分野は調べれば調べるほど深く、最低限のことを理解するにも苦労します。

それでも、ひたすらネットで調べれば最低限度のことは設定・対処できるようになると思います!


人気ブログランキングへ