このサイトを開設すると同時に、インターネットを使ってどういう仕組みで人が訪れるようになるのかを独学で勉強しています。ホームページは、多くの人に訪れてもらってからがスタートなので、最低限のことは知っておこうと考えました。本当は、本で勉強したかったのですが、インターネットのようにすぐ変わる世界は本では情報がすぐに古くなるので、ネット検索を活用しました。そうすると、

Googleのさじ加減ひとつ

これで、決まるのかなと思いました。インターネットに詳しい人であれば、もっと色々と挙げられると思いますが、散々、記事を読んだ結果、この一言に行きつきました。

新しいホームページ立ち上げ

1.認知されるまで、地道に更新を続ける

2.内容の充実した記事を書く

3.ツイッターやフェイスブックなどと連動させる

100記事、3か月程度からアクセス数が急に増える

こういう図式なようです。もちろん、アクセス数は簡単に増やせるとか裏ワザ、コツを看板にして無料サービスを提供している人々もたくさんいました。

ただ、無料ほど高いものはなく、溺れる人がワラでもすがりたいという心理に付け込んでいる場合がほとんどです。そもそも、お金は不便なことや困っていることを解決した対価として支払われるものなので、対価を支払わない=無料で情報を得られる訳がありません。

このことについては、以前、無料の資料を請求してみて良く分かりました

結局は、

地道に継続する

ということが一番の近道のようです。急がば回れということでしょうか。実際、最近のGoogleの仕組みは想像以上に発達していて、記事の質などまで見抜いてしまうそうです。仮に、仕組みに盲点があってもすぐに改善されているので、一瞬だけ通じる裏ワザもすぐにダメになるようです。

ネットの社会は真面目にやっている人が報われる

こんな社会になりつつあるのかもしれません。一方で、流行っているホームページの記事をそのままコピーしてしまう人、全て引用だけで記事を構成する人、流行の検索キーワードを並べてアクセス数を稼ぐ人などもいるようです。その辺は、実社会と同じかもしれません。

キーボード打ち込み

後は、どういう手段でアクセス数を増やすにしても、ちゃんと文章を書けるということが必須になると思います。そのためにも地道に読書数を増やし、日々、周囲の出来事に関心を持ちながら勉強を続けることが大事になりそうです。


人気ブログランキングへ